音楽と私 作曲についての考え(二〇一八年八月十一日)

いつも作ったら作りっぱなしの音楽。

今回は、提出する音源を制作している。



昔、メジャーシーンの人たちの音楽が嫌いだった。

何か言いたいことと違うことを表現しているようなチープな感じを受けていたからだ。

技術面ではなく表現方法として受け入れられない自分がいた。

心が病んでいたのかもしれない。反抗期がそうさせたのかもしれない。



普段作っている曲と、レーベルから発売する曲の違いを振り返る。

作りたい曲と、人に聴いてもらおうと思う曲はやっぱり違う。

流行とは関係のない音楽だとしても、やはりシンプルでストレートすぎる悪い表現は避けてしまう。



結局、売れるプロを目指す人と理由は違っても、きちんと作品を出す場合は、いい意味でちゃんと作るのだろう。

悪い意味で大衆に近づけようとするというか、多くの人の立場で描く世界というか。



本当にやりたいことが何なのか。

一度立ち止まって考えてみるのも悪くない。



多くの人に聴いてもらいたいのか。

作りたいものを自己満足で作り続けたいのか。



それとも、両方のバランスを取りながら作るのか。


関連記事





スマートフォンからLINE@「WISE ART STUDIO」を 

追加するには 友だち追加数 をクリックください。


 

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


Google

検索

検索窓に検索したい内容を入れると検索できます。

LINE@

WISE ART STUDIOのLINE@に登録をお願いします

友だち追加数

LINE@登録方法を詳しく書いた記事は→こちら

最新記事

マウスコンピューター

クリエイターのためのパソコンといえば・・・

マウスコンピューター/G-Tune

ポイントサイト

忙しい人必見!! スキマ時間にアンケートに答えてお小遣い稼ぎ

個人的には面倒くさがりの人には一番おすすめかも。 アンケートモニター登録